よく分かるリノベーションとリフォームの違い

>

中古マンションを買ってリノベーションをする

中古マンションを買って改装する

経済的な観点から中古マンションを買って、手を入れることにする。
その時に、大事なことは、そのマンションの構造をよく知っておかなければならない。
マンションの構造には「壁式構造」と「ラーメン構造」がある。
壁式構造は床板と壁板を組み合わせて建物を支える仕組みのことである。
ラーメン構造は、柱と梁を繋いで建物を支える仕組みのことを言う。
もし中古マンションの間取りを変えたいと思うなら、壁を取り払える箇所が多いラーメン構造のマンションを選ばなければならない。
最近の施工会社の技術は上がってきているので中古マンションをリノベーションすると、新築マンションかと見まがうほどのものになる。
ラーメン構造のマンションを選んでおけば、間取りも変えることができるのだから、これは大きなリノベーションといえるであろう。

中古マンションのリノベーション

中古マンションを買って、リノベーションをしようと思ったら、何を自分は変えたいのかどういう住環境を欲しているのかをよく考えて、何かに書き出すことは良いことではないだろうか。
ラーメン構造のマンションを買ったのだから間取りは変えられるが水回りは、つまりキッチンやトイレや風呂のことだが、それらは移動できない。
何故なら給水管などは移動できないからだ。
マンションには管理規約というものがあるから、自分のやりたいことがその規約に触れるかどうかを確認しておかなければならない。
中古物件は耐震工事には大きなコストが掛かることも承知しておかなければならない。
窓を二重にすると断熱効果や防寒効果が上がるが中古物件のマンションで可能なのかどうか、最終的なリノベーションの中身を決めて施工会社に見積もりを出してもらわなければならない。